Tシャツの洗濯方法

洗濯機で洗う場合、基本的にネットに入れて洗います。
色柄物やプリント付きは、裏返して手洗いコースで洗います。お好みで柔軟剤をつけます。
スパンコールなどボンドで貼っているものは、洗い桶での手洗いで洗うようにします。
洗えない服の場合は、手洗いコースかつけ置き洗いで洗えるものもあります。
不安な場合は誰かに聞いたり、クリーニング屋さんに相談してみるのもいいかもしれません。

アイロンプリントをしたTシャツを洗う場合は、以下の点に注意してください。

  • 冷たい水を使用し、手洗いはしないでください。
  • 他の衣類と一緒にせず、プリント対象品一品だけを洗濯機に入れ、水位は「低」にしてください。
  • 漂白剤、柔軟材は使用しないで下さい。
  • ドライクリーニング、付け置き洗いはしないでください。
  • 洗濯した後は、すぐに自然乾燥させてください。
  • タンブラー(回転式乾燥機)のご使用はお避け下さい。プリント付きの物は乾燥機の使用は厳禁です
  • 洗濯後、プリント部分にアイロンをかける場合には同封の仕上げシートの上からかけてください。
  • 素材が「綿100%」または「綿50%以上の混紡」以外の素材にプリントされた場合にははがれることがあります。
  • 仕上げシートは補修用シートも兼ねています。
    プリントがはがれそうな時は、仕上げシートの上からアイロンで熱と圧力を再度かけて下さい。

洗い桶で洗う場合は次のような手順になります。

  • ① 中性洗剤で洗濯液を作ります。
  • ② 軽くたたんで、洗濯液に浸けます(10~15分)(☆汚れの部分は、慎重に軽く揉んで汚れを落す)
  • ③ 洗濯機で5~10秒脱水し、きれいな水に1分くらい浸ける。
  • ④ お好みで柔軟剤をつけます。
  • ⑤ 軽く脱水を行います。

ブランド物やデリケートなTシャツは、脱水機が高速回転に入ってから数秒程度(3秒~5秒)で止めます。
この状態では、まだボトボトなので、脱水機の中の衣類の形を変えて、上記の作業を繰り返します。
これなら、脱水シワが比較的少なく、ボトボトな状態にはなりません。

Tシャツの干し方

シワを伸ばして、つり干しで干します。

・濃色ものは、日光で変退色がおこるので陰干で干すようにしましょう
・濃色ものやプリント付きは、裏返して干すのも効果的です。

「失敗した」と言われても責任がとれないので・・・自己責任の上で実践してくださいね^^;

Valuable information

Copyright 2014 SST. All rights reserved.